スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

ブログ更新をしなかった2014年の反省・・・

Category: 政治に思う  12/31 /2014 (Wed)

2014年は、ブログの更新を殆どしなかった・・・
まぁ、反省を込めて来年は更新をするように心がけたい。

2014年は、安倍カルト政権の解散選挙があって、再びキチガイ安倍に政権を委ねる結果にしてしまったことは、本当に愚かだったとしか言いようがない。
この嘆かわしい安倍カルト政権を支えている層は、団塊以降のジジババと、その子孫によるところが大きいらしい。
出口調査のバイトをしていた人の証言によると、殆どのジジババからジミンに投票したとの回答を得たそうだ。テレビ新聞で洗脳された層がジジババには多いということらしい・・・

この国は何回か世代交代を繰り返して、完全に洗脳が解けないと、ヨーロッパのような思想に移行するのは難しいだろう・・・
今年も嘆きが多い年であったが、来年こそという希望だけは捨てないようにしたいものだ。

スポンサーサイト


Comments (-) | Trackbacks (0) | TOP

もはや狂気の沙汰、アベシンゾーは気が触れている!

Category: 政治に思う  02/28 /2014 (Fri)

安倍首相:「日本おとしめるキャンペーン」海外で展開-広報対策検討

 2月28日(ブルームバーグ):安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会で、海外で日本をおとしめようというキャンペーンが展開されており、日本政府として海外向けの広報戦略を作る必要があるとの認識を示した。日本維新の会の山田宏氏への答弁。

安倍首相は「残念ながら日本をおとしめようとしているキャンペーンが海外で展開されているのは事実だ。現実の日本とは全く違う姿を、まるでそのような姿が現実にあるんだというプロパガンダがなされている」と指摘。「そうしたプロパガンダは子どもたちの世代に大きな影響を与える危険性が出てきている。しっかりとした広報戦略を戦略的に考えていきたい」と語った。

山田氏は国会質問で従軍慰安婦問題に関する1993年の河野洋平官房長官談話の検証を求めている。同氏はこの問題で日本への批判が出ていることについて「日本は正しい国際世論を作ることについてはなはだ弱い」と指摘。

さらに、来年が第2次世界大戦の終戦から70周年にあたることについて「隣の国は反ファシズム戦勝記念ということで反日包囲網を広げようというキャンペーンを行ってきている」とも述べ、国際世論に訴えるための態勢強化を求めた。

もはや、狂気の沙汰としか言いようが無いね。歴史修正主義に走っているのは間違いなく安倍カルト政権。国会で河野談話を見直す論議が盛んだが、これで慰安婦問題など無かったなどと談話を否定したりでもしたら、本当に戦争が始まるんじゃないのか?アジア周辺国はもちろんのこと、欧米でも日本は戦争犯罪の歴史を修正をしようとしている確信犯だと認識されている。

国会でアベシンゾーが、他国が日本を貶めようとプロパガンダがされていると大声で喚いても、もはや世界からは気が触れた気違いソウリの妄言としか認識されないだろう。我々、日本に住むネトウヨの妄想に侵食されていない正常な人々は、間違いなく狂人に支配されている。この狂気の現実から抜け出すには、ウクライナ同様、気違い政権に立ち向かって、一刻も早く完全に滅ぼすしか無い!

Theme: これでいいのか日本 Genre: 政治・経済

Comments (-) | Trackbacks (0) | TOP

金美齢、オバマ大統領をdisって、アメリカ黒人社会暴動の引き金に?

Category: 政治に思う  02/27 /2014 (Thu)

金美齢 オバマへの人種差別発言で 安倍ソーリ窮地に

NHKのモミイ、百田、長谷川の馬鹿トリオに続き、アベシンゾーのお友達でサルのような顔をした金美齢とかいうババアが、調子付いてアメリカのオバマ大統領、黒人をテレビの前でdisってしまったのだから、今後、ネットなどで拡散され、アメリカの黒人社会に広がれば、暴動に発展する事案となるだろう。

最悪のタイミングで出た安倍「おともだち」の最悪暴言

この暴言は最悪のタイミングで出た最悪の暴言だ。 それは2月23日に放映された「やしきたかじんのそこまで言って委員会」に出席していた金美齢氏のつぎの発言である。すなわち米国のオバマ大統領について、「もしオバマさんが白人だったら、あのレベルの政治家ではね、大統領に当選しなかったと私は思ってるわけ・・・」。実際はもっとひどいことを驚くほどの遠慮のなさでベラベラ語っている。
(天木直人のブログ)

アベシンゾーのお友達の曽野綾子や櫻井よしこなど、もはや言いたい放題だ。このような病原菌をばら撒くウヨ連中を黙って放置しておけば、健全な人までも侵されるし、何よりも日本の害虫、ネトウヨ共を調子付かせてしまう。病原菌は黙って見過ごすのではなく、徹底的に攻撃して、日本社会から抹殺しなくてはならない。

それにしても金美齢とかいう、サルみたいな顔をしたババア、本当に厚かましい限りだ。この憎むべき病原菌ババアは、アメリカ三大ネットワークテレビにでも取り上げてもらって、アベシンゾーのお友達=人類の敵という認識を、アメリカでも一層強めてもらいたい。人類を脅かす病原菌は消毒だ!

Theme: これでいいのか日本 Genre: 政治・経済

Comments (-) | Trackbacks (0) | TOP

政界再編のキーマンの力は、まだ残っているのか!?

Category: 政治に思う  02/25 /2014 (Tue)

都知事選後に密談 小泉純一郎「脱原発」で小沢一郎とタッグ

「小泉純一郎と小沢一郎が脱原発で手を組むのか」と、永田町で話題になっている。

「先週、小沢さんが<小泉と会った>と側近に話したそうなのです」(生活の党関係者)

 都知事選の後に会ったとなれば、「今後」について話し合ったのは間違いない。
「小泉さんは、このまま黙って引き下がるつもりはないし、小沢さんも脱原発を軸に政界再編を考えている。今年は11月に福島県知事選、12月には沖縄県知事選もあります。舛添知事のスキャンダルが炸裂して、年内にまた都知事選もあるかもしれない。おそらく2人は、近いうちにもう一回勝負する時が来ると思っているのでしょう。こういう政治日程をにらんで、脱原発・打倒安倍政権で共闘していくことは十分に考えられます。2人とも大義のためには小異を捨てられる政治家。私利私欲ではなく、“最後のご奉公”という思いは同じだと思う。守るものがない2人が手を組めば、安倍政権には脅威でしょう」(政治ジャーナリスト・山田厚俊氏)

 2人の急接近は、小泉の息子の進次郎議員に対して、自民党内の風当たりが強くなっていることも無関係ではない。進次郎は都知事選でいち早く舛添不支持を表明し、「有権者100人分の名簿を提出」という執行部の命令も無視。安倍側近の萩生田光一副幹事長は21日、地元で開いた国政報告会の後、記者団から進次郎への処分について聞かれると、ニヤニヤ笑いながら「処分は明るく陰湿にやる。次は公認しないとかね」と答えたという。

「小沢さんは自民党を引きずり降ろし、再び政権交代を実現させる仕組みをつくることが、最後の大仕事だと考えている。自分は裏方に徹するつもりです。進次郎議員はその旗印になる。もし、小泉親子を引っ張り出せれば、野党再編は一気に進む。たとえ、次の総選挙で負けても、その次で政権を奪取すればいい。その時、進次郎議員は当選4回です。小沢さんは<当選4回、5回なら(首相の)有資格者だ>と言っていました。安倍さんが最初に首相になったのも、5期目でしたからね」(前出の生活関係者)

 進次郎を離党させ、本当に小沢と組んで政界再編に動く覚悟があるのか。小泉の「脱原発」の本気度が問われている。(日刊ゲンダイ)


今のこのどうしようもない政治状況を変化させることができるのは、やはりこの二人のようだ。
小泉純一郎の都知事選で見せた彼の応援演説の人気ぶりは、まだまだ活躍の場があるということの証明だったのか?小沢一郎は、政界再編の実力者である。しかし残念ながら、70を過ぎた小沢氏からは、嘗ての政界再編を成し遂げた頃の力強さは漲っていない。知恵のある参謀として期待したいところだ。

そして、この老人二人のパワーに小泉進次郎が加わることによって、少し様相が変わってくる。息子には親父譲りの人を惹きつける独特の雰囲気が備わっているようだし、今から方向修正をしっかり完結することができれば、リベラル勢力の核として政界に君臨できるかもしれない、という期待は膨らむ。

日本はウクライナのように、腐った政権を追い詰めるために全力を注がなければならない時だ。しかし不幸なことに、この国には本気で革命をしようという気概を持ったカリスマ的リーダーは存在しない。それだけ緩い日本の社会に飼い慣らされてしまったわけで、そこにはリーダーが誕生する素地は無かったということだ。

現政権の崩壊を成し遂げたウクライナでは、欧州や米国の工作員らによって100億ドルもの資金調達と、アジテータ活動をやったという情報が入ってきている。ウクライナ争乱の背景 米欧が政府転覆へ干渉 ソチ・オリンピックという最大のチャンスを見計らって決行したのだろう。日本では、このような他国の組織に依存しないで、国民自らの力で倒閣できればベストなのだが、正直、それは不可能だ。小沢、小泉を核とした政界再編によるリベラルな勢力と、ファシスト嫌悪の欧米の力を加えて、安倍カルト政権を追放できればと心から願っている。

Theme: これでいいのか日本 Genre: 政治・経済

Comments (-) | Trackbacks (0) | TOP

オバマ来日中止で、安倍カルト内閣終了!

Category: 政治に思う  02/23 /2014 (Sun)

首相補佐官が米国批判の波紋 オバマ大統領「来日中止」危機

親分が親分なら子分も子分だ。昨年12月の安倍首相の靖国参拝に「失望」を表明した米国に対し、衛藤晟一首相補佐官が動画サイト「ユーチューブ」上で「むしろわれわれの方が失望だ」と批判した問題。19日午後になって衛藤は慌てて発言を撤回したものの、米国はカンカンだろう。オバマ大統領の4月来日の雲行きも怪しくなってきた。

 問題の発言が投稿されたのは16日。この中で衛藤は「米国は同盟関係にある日本をなぜ大事にしないのか。米国はちゃんと中国にモノが言えないようになりつつある。声明は中国に対する言い訳に過ぎない」と持論を展開。さらに昨年11月に訪米した際、ラッセル米国務次官補らに靖国参拝への理解を求めた上、12月初めには在日米大使館を訪れて「(参拝に)賛意を表明してほしいが、ムリなら反対しないでほしい」と要請したという。

 これにはア然ボー然だ。A級戦犯が合祀されている靖国参拝に「賛成しろ」と米国に求めること自体、トチ狂っているし、首相補佐官という内閣の要職にある政治家が、外交のやりとりや内幕をバクロするなんて、あってはならないこと。金輪際、衛藤と大事な話をする国はないだろう。

 元外務省国際情報局長の孫崎享氏はこう言う。
「首相補佐官は内閣の一員であり、評論家などとは違います。発言が『個人的な見解』で済まされる立場ではないのです。しかも、衛藤氏は日本側の窓口として米国と意思疎通を図ってきた人物。つまり、米国は衛藤氏を安倍首相の“代理”とみていたわけです。その衛藤氏が大っぴらに米国批判したわけで、非常に深刻な問題です」

 衛藤は、安倍が会長を務める超党派議連「創生日本」の幹事長だ。安倍の側近で「お友達」のひとり。この議連は「保守の結集」や「戦後レジームからの脱却」を掲げる右翼集団である。17日付のワシントン・ポストは「日本の挑発的な動き」と題した論説で、靖国参拝した安倍首相が強硬なナショナリズムに転じているとして、アジアの安全保障問題を深刻化させていると批判していた。

 また、米紙ウォールストリート・ジャーナルは19日付の電子版で、安倍の経済ブレーンの本田悦朗内閣官房参与をインタビューした記事を掲載。本田が靖国参拝した安倍を「勇気を高く評価する」と称賛したとして、本田を「戦時中の話を熱く語るナショナリスト」と紹介している。

 衛藤、本田の発言は、米国から見れば日本だけが正しいと叫ぶ「右翼内閣」の一員が“本性”をムキ出しにしたと映るのは確実だ。

 衛藤は当初、「(発言が)問題になることがおかしい」と突っ張っていたが、午後になると一転、発言を撤回した。菅官房長官に発言取り消しを指示されたためだが、時すでに遅しだ。岸田外相が拝み倒してようやく実現したオバマ大統領のなんちゃって来日もパーになる恐れは十分ある。

「オバマ大統領の来日取りやめという事態になれば、安倍首相は終わりです。同盟国と話ができない首相は退陣するしかありません。衛藤氏の発言の影響は大きいのです」(孫崎享氏=前出)

 衛藤を更迭したぐらいでは、問題は解決しそうにない。(日刊ゲンダイ)


オバマ来日取りやめ程度で安倍カルトが終わるのなら、それこそ大歓迎だが、それ程、容易いこととは思えない。

来日中止になれば、安倍カルト政権のこれからの運営が一層厳しくなることは間違いないが、奴らは自己保身の為なら平気で嘘やデマをまき散らすし、なりふり構わず世論操作をする連中だから、もっと決定的なダメージを与えなくては消滅しない。

安倍カルト信者=ならず者の集団は、それこそどこかの島にでも隔離して、思想教育のいろはからやり直さなければマトモな人間にはならないだろう。もちろん、学べるだけの脳みそがあればの話だが…。

Theme: これでいいのか日本 Genre: 政治・経済

Comments (-) | Trackbacks (0) | TOP

NEXT≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。