スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

さんまってムササビを殺したことを、お笑いのネタにする人なんだ・・・

Category: 未分類  01/03 /2010 (Sun)

さんまが小さいときに、山の木に潜んでいたムササビに石を投げつけ、ムササビを殺してしまったそうだ・・・彼らが、過去の出来事を引き出しては、お笑いのネタにするのはいつものことだけど、それが森の愛くるしい無抵抗の生命を殺し、それをお笑いのネタにするという神経に、はっきりいって驚かされてしまった。

お笑いが一世を風靡し、社会には欠かせないものになっているのは理解できるが、人気があるから何でも許されような風潮で、このことを捉えてもらっては困る。例え低学年の頃とはいえ、生命に対してあまりにも無知で粗暴であって、この日本の森に生きる素晴らしい生命を、愛しいと感じない感覚の持ち主がお笑い界のトップだとは、本当に情けなく思ってしまった。

子どもの頃に粗悪に育ったから仕方ないでは済まされない。子どもの時にこそ、地球の生命を尊ぶ教えが大切だ。人間は子どもの頃に、やってよいことと悪いことの判断ができるように、はっきりと教えてやらなくてはいけない。それも何度も分るまで教えることが、子どもを生んだ親の大事な責任だ。特に生命を尊ぶ気持ちを育てることは、人間が地球で他の生命と共に生きていく上で、最も大事なことじゃないか。

何でも自由に思いのままに育てたいという親がいるけど、最低限度のルールを叩きこんだ上で、そんなことが言えるのであって、その最低の教えもできないような親が子どもを産み育てるべきではない。犯罪が減らないのは、親に多くの責任があることを深く深く自覚するべきだ。子どもを産む資格のないような親が、子どもを無軌道に産むことは、地球破滅のシナリオに加担しているのと同じだ。子どもを産む前に育てる自信がない人は、絶対に産むべきではないと声を大にして言いたい。

さんまのように、子ども世代に影響のある芸人が、生命を殺して芸のギャグネタにするような自殺行為に走ってはいけない。子ども時代の事件は猛省するのと同時に、いつまでも心の中に、自らの戒めの十字架として貼り付けておくのが、思いの深い人のあるべき姿だと思う。もし、子を持つ親としての自覚があるのなら、殺した命を自分の子どもに置き換えてみるべきだ。自らの行為を振り返り、これからは子どもたちに生命の愛護を体を張って教えていくということを、せめてもの罪滅ぼしとして誓うべきだ。

スポンサーサイト

Theme: 芸能ネタ Genre: アイドル・芸能

Comments (-) | Trackbacks (0) | TOP

鹿児島に住むゴミカス p5208-ipad01kamokounan.kagoshima.ocn.ne.jp

Category: 未分類  01/02 /2010 (Sat)

:乏しい見識ですね
ホスト:p5208-ipad01kamokounan.kagoshima.ocn.ne.jp
********************
タイガーウッズは自分のプレーにガッツポーズしてるわけで、菊池は三振した相手に対し拳を突き出してるだけでしょう?偏見の固まりでブログ書くなよ。。。

ゴミカスくん
くだらないコメント書く暇あったら、隣の県の新燃岳の噴火で降り積もった火山灰を片付けにでも行ったら… あっ、同じゴミカスくんだから間違って一緒にかき集められるのか~ 気をつけてね、ゴミカスくん(^◇^)




Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

ブログに迷惑訪問者は立ち寄るな!!!

Category: 未分類  06/04 /2008 (Wed)

あまり、他のブログに訪問しないからか、このブログにやってくる
アドレスの先のブログを覗いてみると、デジカフェで出会ったとか、
裏アイドル情報とか、他のブログの行く先々で迷惑をかけまくっている
連中ばかりが訪問している。



この裏アイドル情報とかいう、すぐにブログ削除をされる野郎なんて
一人前にコメント欄にコメントを残していくものだから苛立ってしまう。



この巡回ソフトを使用している愚かなブロガーとかいう連中に歯止め
をかける方法はないのだろうか。



ヤフーには、もう少しブログの垣根を高くして、不振な人物のブログ訪問を
減らす策を練ってもらいたいものだな。



なんとか、このブログの中で迷惑を撒き散らす連中を撃退する方法を見つけなくて・・・



Comments (-) | Trackbacks (0) | TOP

カフェの中にババァ専用ボックスを設けてみては・・・

Category: 未分類  06/03 /2008 (Tue)

いま、ある試験のためにカフェに行って本を開くことが多くなっているが、
あの中でババァ連中だけは他の客とは異質な存在だ。


声が大きいばかりではなく、同じような会話を壊れたCDのように
何度も何度も繰り返し、そして大きな声で雑音を振り撒いている。


別に聞きたくもないのだが、カフェの中の迷惑生命体ババァ連中は、
わざわざ嫌な雑音的な声で、しかも大声で話すものだから自然と耳に
飛び込んでくる。


カフェでこの連中が本を開いて、おとなしく行儀良くしているところなんて、
恐らく誰も見たことがないだろう。


若い女性なんかは一生懸命勉強している人が多いのに、どうしてババァ
になると女は変わってしまうんだろうか・・・・


もう、40を過ぎてしまったら誰も相手にしたくないだろうし、
注意なんてする気にもならない。


まっ、ババァになったらカフェではなくってラーメン屋にでも行って
雑音でも振り撒いていて欲しいものだね。



Comments (-) | Trackbacks (0) | TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。