金美齢 オバマへの人種差別発言で 安倍ソーリ窮地に

NHKのモミイ、百田、長谷川の馬鹿トリオに続き、アベシンゾーのお友達でサルのような顔をした金美齢とかいうババアが、調子付いてアメリカのオバマ大統領、黒人をテレビの前でdisってしまったのだから、今後、ネットなどで拡散され、アメリカの黒人社会に広がれば、暴動に発展する事案となるだろう。

最悪のタイミングで出た安倍「おともだち」の最悪暴言

この暴言は最悪のタイミングで出た最悪の暴言だ。 それは2月23日に放映された「やしきたかじんのそこまで言って委員会」に出席していた金美齢氏のつぎの発言である。すなわち米国のオバマ大統領について、「もしオバマさんが白人だったら、あのレベルの政治家ではね、大統領に当選しなかったと私は思ってるわけ・・・」。実際はもっとひどいことを驚くほどの遠慮のなさでベラベラ語っている。
(天木直人のブログ)

アベシンゾーのお友達の曽野綾子や櫻井よしこなど、もはや言いたい放題だ。このような病原菌をばら撒くウヨ連中を黙って放置しておけば、健全な人までも侵されるし、何よりも日本の害虫、ネトウヨ共を調子付かせてしまう。病原菌は黙って見過ごすのではなく、徹底的に攻撃して、日本社会から抹殺しなくてはならない。

それにしても金美齢とかいう、サルみたいな顔をしたババア、本当に厚かましい限りだ。この憎むべき病原菌ババアは、アメリカ三大ネットワークテレビにでも取り上げてもらって、アベシンゾーのお友達=人類の敵という認識を、アメリカでも一層強めてもらいたい。人類を脅かす病原菌は消毒だ!